Royal Ballet ~Ballo della Regina and La Sylphide~

Standard

プレシアターディナーの後、Pichicoちゃんも合流してオペラハウスでバレエ鑑賞♪

この日の演目は、Ballo della Regina(王妃の舞踏会)と、ラ シルフィードのダブルビル。

Ballo della Reginaは、ヴェルディのオペラ”ドン カルロ”の音楽にバランシンが振付。

特にストーリーはなく、セットも何もない舞台で、衣装はスカートつきのレオタードのみというシンプルなもの。

ヴェルディの軽快な音楽にのって、高度な技術を駆使したクラッシックの雰囲気の濃い印象の作品でした。

↓ こちらは、ラ シルフィード。

ブルノンヴィル版をヨハン コボーが改訂、ステージングしたそうです。

シルフを演じたアリーナ コジョカルが素晴らしく、無邪気で儚く可憐な雰囲気が役にピッタリ。

プライベートでもパートナーであるヨハン コボーとの掛け合いもさすがと思わせてくれました。

Pichicoちゃん、Mちゃん、この日は楽しいひとときにおつきあいどうもありがとう☆

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s